働く

「無いがない!」ってホント? 鋼材在庫、全国No.1 尾道の鐵萬商事に突撃してみた!

尾道に全国No.1の鋼材(鉄)の在庫量を誇る企業があるらしい…。

鋼材の中でも災害や事故などで急遽必要となる「緊急材」を扱っていて、

「鋼材業界の駆け込み寺」の異名を持ち全国から注文が殺到しているとか…。

まことしやかに囁かれる噂の真相をANCHER編集部が探ってきました!!

 

ーーーANCHER編集部にて

谷川

デスク!見てください!!

パトロールをしていたら見つけたんですが、

これは…確信犯ですかね。

 

デスク

この地で活動するWEBマーケティング会社として、

尾道の広告治安を守るのは我々の役目。

コレは…見過ごすわけには、いかないな。

谷川

「鋼材無いがない!」完全に言い切っています。

明日の朝イチで行きましょう!!

デスク

谷川ぁっっ!!まずは考えろ、考えるんだ。

君の朝のルーティーンは?

谷川

え〜っと…

とりあえずコーヒー飲んで、メールの返信、その日のスケジュールの確認、諸々のリマインド…

あーっもうっ!朝ってなんでこんなに忙し…はっ!!

デスク

そうだろ?忙しいのは皆〜んな一緒。

諸々の作業が一旦落ち着くであろう、10時だ。10時に突撃だ!

谷川

…そーゆーとこは、変に常識人なんですね。

デスク

あ、待って。コレ、明日忘れないでね。雰囲気大事だから。

 

谷川

・・・。

デスク

雰・囲・気っ!だいじだから。

デスク

2021年、埼玉県→尾道市へ移住。WEBマーケティング会社(株)世界新聞の代表。ANCHER編集長。毎朝5kmジョギングしてるのに全く腹が凹まない不思議。最近は3時のおやつを無塩ナッツに変えました。

谷川

2022年、東京都→尾道市へ移住。憧れて取得した船舶免許を4年間財布で温めているペーパー船乗り。サウナと神輿と『ステーキ瀬里奈』をこよなく愛す愛妻家。「明るく楽しく」がモットー。

 

ーーー翌朝

 

谷川

え!?その格好?帽子は??

デスク

あぁ。家、忘れたわ。

谷川

勘弁してくださいよー!!

僕だけバカみたいじゃないですかぁ

デスク

サイコー⤴︎似合ってるぅ〜⤴︎⤴︎

 

谷川

バカにしてんすか!こんなアホみたいな帽子っっ!!

 

男性

あの…何か?

 

デスク

おっと、失礼。我々は誰にも頼まれていないのに尾道の広告治安を勝手に守っている団体。アンカー編集部の者です。

 

男性

アンカー…?

 

谷川

鐵萬商事さん、ネタは上がっているんです。

調査させていただいてもよろしいですか?

 

男性

でも、ここに書いてある事、全部事実ですけど。

 

谷川

んなわけあるかーいっ!!

鋼材が巨大な鉄の塊だって事くらいワシらかて知っとるんじゃい!

そんな重〜い巨大な鉄の塊を日本で一番在庫していると?

更に、その鉄の塊を全国対応で当日納品も可能と?

種類を問わず欲しい量を提供する??

そんな美味しい話があったらねぇ、僕も一枚噛ませてもらいたいくらいですよぉ!!

デスク

まぁ落ち着け、谷川。

でもね鐵萬商事さん、我々もバカじゃぁない。

長年の勘というやつでね、わかっちゃうんですよ。

「無いがない!」は流石に無いって、ね。

男性

じゃあ…倉庫内、見てみます?

小田原さん

尾道産まれの尾道育ち。2008年、鐵萬商事株式会社入社。所属は総務・経理部だが営業部にも籍があるマルチプレイヤー。趣味はハイボール片手にラップバトルを鑑賞する事。
休日の過ごし方は?→「妻と娘達の要望を素直に聞いています。」

自衛隊や米軍からのオーダーも! 全国から頼りにされる「鉄の特急便」

小田原
さん

こちらが「国内トップクラス」の在庫を誇る、当社の倉庫。

鋼板、鋼管、形鋼まであらゆる規格の常時在庫がわれわれの強みです。

この倉庫全体でだいたいどれくらいの重さの鋼材があると思いますか?

谷川

た、確かに見渡す限りの鋼材ではある…

が、しかしっ!僕の目は誤魔化せませんよ。

重さは…まあ、5千トン前後といったところでしょうな。

小田原
さん

ブブーッ! 正解は、およそ『3万5千トン』。

この倉庫に入るトラックの最大サイズが25トンなので、そのトラック何台分?と考えると、とんでもない在庫量だとわかるかと。

汎用性の高いポピュラーな鋼材から、「これ、何に使うの?」っていうレアものまで、あらゆる鋼材が揃っています。

その在庫の豊富さは、自衛隊や米軍からのオーダーもある程なんですよ。

 

谷川

3万5千…トン?ベイグン、部井群…米軍っっ!?

デスク

谷川ぁ〜バグるなぁ!!早々にスケールの格差を思い知るんじゃない!

小田原
さん

では、倉庫内は種類別にゾーン分けされているので、順番に案内していきましょうか。

まず、こちらは「形鋼」ゾーン。「形鋼」とは、柱などによく使われる鋼材です。

実際、この倉庫の柱や天井にも使われていて、見てもらうとわかるように、いろんな太さ・厚みがあります。

 

デスク

ビルの建設現場とかで見たことあるやつだ。

断面がH字とかL字とか、形が違うものもある!

小田原
さん

このあたりは、どんな鋼材問屋でも扱いがある種類ですね。

入口近くに置いているのが、現場で使ってもらいやすい全長が6mと10mのもの。

ご希望の長さに倉庫内でカットしてから納品することもできます。

デスク

うわ! 天井のクレーン、かっこいいな〜!

あれを使って鋼材をトラックに載せるんですか?

小田原
さん

そうです。倉庫内に横付けしてもらって、クレーンで積み込みます。

毎日、50件以上の出荷があるので、ひっきりなしにトラックが出入りしています。

谷川

デスク!『働く機械』のかっこよさに完全に飲まれてるじゃないですか。

しっかりしてくださいよ!!

デスク

失礼。つい童心に帰ってしまった。

小田原さん。残念ですが、現状では「形鋼」の在庫量と種類が”とんでもない”という事が証明されたに過ぎませんな。

小田原
さん

そうですか。では「鋼管」ゾーンもお見せしましょうか。

 

 

鋼管在庫も日本トップクラス! 船舶用鋼材のストックヤード

 

小田原
さん

ここは「鋼管」ゾーンです。鋼管は船舶用に使われることが多いですね。

直径が大きなものは配管など、直径が小さなものは手すりやハシゴなどにも使われています。

船舶用の配管を繋げていくための継手(スリーブ)の材料が多いのも弊社の特徴ですかね。

ちなみに鋼材って、使われる用途や部分によって規格、サイズが変わるので、めちゃめちゃ種類があるんですよ。

谷川

た、確かに。パッと見ただけでも、さっきの「形鋼」よりも種類が多そうですが…。

デスク

谷川!ちょっとこれ!見て見て!!

これこれっ!この鋼管がきれいに並んでる感じ。たまらん“カッコよさ”がない?

グッとくるよね〜。

谷川

デスク!さっきから、自分達が何しに来たかわかってます?

わかりますよ、わかります!断面がギラッと鈍く光る感じ、僕だって、部屋に並べて眺めてたいなぁ。って思っちゃいましたよ!!

…あれっ?良く見たらこれ全部、断面を削ってなめらかにしてません?

小田原
さん

よく気づきましたねー!

切断した後の断面は「バリ取り」をしておかないと、鋼材を扱う職人さんがケガしてしまうんですよね。

当社は「緊急材」を扱っているからこそ、「すぐ使えるように」という点も考えて、職人さんたちが扱いやすいよう処理を行っているんです。

デスク

何と!?その先に関わる職人さん達の事を想って「バリ取り」までしている?

そんなホスピタリティ溢れる鋼材問屋があるとは…

いや、待てよ。でも「賞味期限」は?

流石に鋼材だって賞味期限が切れたら使い物にならないのでは?

まさか小田原さん、「鋼材に賞味期限はありません」なんて馬鹿げた事は言いませんよね。

小田原
さん

ありませんよ。賞味期限。

 

デスク

…え?

小田原
さん

鋼材に鮮度は関係ないので「賞味期限」はありませんし、古い鋼材であっても、価値は下がりません。

保管環境を徹底すれば、良い状態をキープできますし、鋼材の表面はサビにくくするための「酸化鉄」で覆われていますからね。

さらに実際に使用する時は、表面を研磨してピカピカに仕上げるほか、塗料がなじみやすい表面加工をしてから使います。

まぁ、そもそも食べ物ではないので「賞味期限」ですらありませんが。

谷川

(まずい、デスクが遠い目をしてフリーズしてる。ここは僕が何とかしなければ…)

じゃ、じゃあ、在庫の中で一番古いものは、いつからあるんですか?

一番古いものとなると流石に売り物にならないんじゃないですか?

小田原
さん

在庫はごく一部の特例を除いて、およそ2年以内に1回転し、すべて入れ替わっています。

 

谷川

それは怪しいなぁ。これだけの在庫を管理、把握するのは並大抵の事では難しいんじゃないですか?

小田原
さん

発注から納品まで最速かつスムーズに行うためにも、在庫管理は「基幹システム」でしっかり行っています。

入れ替わりの多い鋼材は、在庫を切らすリスクを避けなくてはいけないので、デジタルでの在庫管理が基本ですね。

ただ、鋼板の在庫に関しては、とにかく種類が多いのでアナログな「帳面」でも管理して、昔からある在庫もきちんとフォローしていますよ。

谷川

・・・。

小田原
さん

まだ納得されていないようなので、当社の倉庫で一番“ヘビーな在庫”が集まる「鋼板」ゾーンもご案内しましょうか。

1枚200万円のレアものも。鋼板のラインナップは、まるで「鉄の博物館」!

 

デスク

さっきまでの倉庫とは雰囲気が…違う。

高く積み上がった鉄板の存在感が圧倒的すぎる。

小田原
さん

この倉庫には2m×6m、3m×13mなど、色々なサイズの鋼板が在庫されています。

汎用的なものから橋梁用で使われる規格、造船用で使われる規格など、珍しいものもありますよ。

デスク

ちなみに鋼板1枚の重さって、どれくらいですか?

小田原
さん

この辺りに在庫している2m×6mサイズの鋼板だと、厚みが1cmのもので、およそ1トンくらいですね。

 

谷川

見た感じ、厚さ1cm以上の鋼板もいっぱいありそうですけど、

この積み上がった状態からどうやって1枚ずつ取り出していくんですか?

小田原
さん

磁石の力で10トンまで持ち上げ可能なクレーン「リフティングマグネット」で、1枚ずつ動かしていきます。

デスク

1枚動かすのにもこんな大きなクレーンを使うわけですけど、

納品先まで運ぶのってどうしてるんですか? 

鋼板、めちゃめちゃデカいじゃないですか。

小田原
さん

当社には特注のトレーラーがあるんです。

「傾斜台車トレーラー」というんですが、

最大45.5度まで傾く荷台に「ななめ」に鋼板を積める構造のおかげで、

寸法の広い鋼板を陸送できるようになり、全国のお客様に喜んでいただいています。

磁石の力で鋼板が持ち上がる瞬間
お客様のニーズに迅速に対応できる様、積み上げる順番や配置にも工夫が施されている
デスク

いやぁ、すっごいわー。

これはもう『鉄の博物館』だわ。

鋼材、カッコいいなぁ…僕も1枚欲しくなってきたなぁ〜

谷川

わかるっ!いっちゃいます?

どうせならこの中で一番値段が高い鋼板を1枚!

小田原
さん

お買い上げありがとうございます。

一番価格が高いのは、厚さ10cm✕幅2.10m✕長さ6.10mのこの鋼板ですかね。

値段は、1枚200万円です。

谷川

ぅお〜い!!ちょっとしたクルマが買えるやないかーい!

やっぱり、もう少し庶民フレンドリーなものってないですか?

小田原
さん

そういえば以前、お好み焼き店をこれから始めるというお客様が、

鉄板を1枚購入していかれたことはありますね。

厚さ12〜14mmの鉄板がお好み焼きの調理には丁度いいらしいですよ。

こーやって、お好み焼きを焼いて…パクリ。「うん。美味い!もう一枚!!」

 

デスク

お好み焼きかぁ。いいですね〜。

僕、関西人ですけどお好み焼きは断然広島派です。

谷川

ところで、オーダーを受けてから納品まで何日くらいかかるんですか?

小田原
さん

汎用品であれば基本的にはすぐに。

例えば、朝に電話をいただいたら午後には納品できる場合もあります。

緊急材を必要とする現場では、工期が遅れてしまうとコストに関わる大問題なんです。

常時在庫だからできる利便性で、速い納期にお応えできるようにしています。

73年間、鋼材ひとすじの「鐵萬商事」だから実現できる唯一無二のビジネスモデル

 

デスク

本当に申し訳ありませんでした! !

谷川

僕たちは、大バカ者でした!

小田原
さん

だから、最初に言ったでしょ?

「無いがない!」って、ホントなんですよ。

デスク

鐵萬商事さんが全国トップクラスの在庫を持てる理由も、

どんな想いでお客様と向き合ってきたのかもよ〜くわかりました。

こんな事はなかなか…いや、他の誰にも真似できない。

お見それいたしました!!

谷川

今日一日で、一生分の鉄を見せてもらった気がします!

圧倒される鋼材ラインナップは、まるで「鉄の博物館」。

めちゃくちゃワクワクしました…。

写真左・右/取材中、大量の鋼材を前に童心を抑え切れなかったデスク(40歳)と谷川(38歳)
谷川

僕もどうにか、一枚噛ませてもらえませんか…?

小田原
さん

無理です。

 

デスク

僕はすっかり鋼材ファンになりました。

『推し鉄』を探しに、また来てもいいですか?

小田原
さん

そんな風に言ってもらって、とても言いにくいのですが…

もう、来ないでください。

 

1951年に創業して以来、鋼材問屋のビジネス一本で事業拡大してきた鐵萬商事株式会社さん。

尾道に本社を置きながらも全国展開できる理由は、

船舶用鋼材に特化したオンリーワン&ナンバーワンの在庫量!

その上、スピード納品を叶える全国ネットワークや、鋼材加工の自社工場など、

卸問屋の枠にとどまらないサービスを提供していることも強みの一つ!

「無いがない!」どころじゃない圧倒的ラインナップとホスピタリティで、

これからも全国の鋼材のお困りごとに応えていっちゃってください!!

 

《写真:START PRODUCTION正木孝則》

 

そんな鐵萬商事株式会社さん、現在求人募集をしています。
「募集要項」はこちら!!

企業名 鐵萬商事株式会社
企業情報 本  社:広島県尾道市長者原2丁目162-4
尾道工場:広島県尾道市西藤町75-62
向島工場:広島県尾道市向島町111
大阪支店:大阪府大阪市西区立売堀3丁目7-13 阿波座KDビル4階
社員数:62名
設立:1951年
募集職種 工場での鋼材入出庫作業員(クレーン作業) 
給与 年収350万円~500万円
勤務地 広島県尾道市長者原2丁目162-4
広島県尾道市西藤町75-62
広島県尾道市向島町111
勤務時間 8:00〜17:00(内休憩60分)
休日・休暇 完全週休2日制、国民の休日、年末年始休暇、夏季休暇
選考方法 書類選考→工場長による1次面接→役員による2次面接
新卒の可否

「応募はこちら」ボタンをクリック、鐵萬商事(株)採用受付へ以下の内容を明記の上、ご応募ください。
採用担当者より追ってご連絡をさせていただきます。

①お名前
②ご連絡先

この記事を書いた人

Avatar photo

おすぎ編集者・ライター

「子どもとしまなみ海道を走破したい!」と2020年、大阪から向島へ移住。
2人の子どもと自転車生活を楽しみながら、広島・大阪の2拠点でメディア編集・制作を行う。株式会社ピクニック社代表。
自転車系フリーペーパー&Webマガジン「cycle」編集長。
instagram